お電話お待ちしております!

0772-46-0245

〒629-2261 京都府与謝郡与謝野町男山291

 
医院へ電話する メニュー
メニュー
まるめデンタルクリニック

なかまをさがしています

当院では、
一緒に働く仲間を募集しています。
まずはお気軽にお電話ください。

二コラ
 

キラキラ★奮闘記

こどもの矯正治療について

歯並びが悪くなる原因は、遺伝的要因と後天的要因があります。
まるめデンタルクリニックでは、装置を使って矯正治療に取り組んでいますが、指しゃぶりや舌が前に出てしまうなどの悪習癖がみられる子どもたちに、MFT(口腔筋機能療法)を行っています。お口周りの筋肉を鍛えるトレーニングも取り入れ、後天的要因を無くすという面からもアプローチしています。

キラキラ奮闘記

1ヶ月前からこのトレーニングを始めた子が次に来てくれたとき、とても上手になっていて、びっくり&感動してしまいました!
毎日がんばって続けてくれているのが、よく分かりましたし、お母さんが一緒にしっかり取り組んでくれたくれたことが、とても嬉しかったです。
矯正治療は、実際に行うのは本人(患者様)です。本人(患者様)ががんばろう!と取り組んでくれると治療はうまく進みやすいです。

お母さんがこの取り組みを理解して、協力してくれたこと、それに応えようと子どもさんががんばってくれたことで、すごくうまく進んでいます。

トレーニングを通じて、コミュニケーションが取れて。私たちもこの治療はきっとうまくいくと確信を持っています。これからも、一緒にがんばろうね。

キラキラ奮闘記

入れ歯ケースを配布しました

この与謝野町で歯科医院をさせていただいている私たちは、この地域に根付いた歯科医院を目指し、地域の方のお口の健康のお手伝いやそれにつながるような地域貢献ができないかと考えています。

そこで、今回敬老の日に際して、近隣の介護施設にお声掛けさせていただき、4施設、計165個の入れ歯ケースをプレゼントさせていただくことになりました。

キラキラ奮闘記

医院を飛び出して、地域の方のために動けることは、ここで生まれ育ち住まうものとしても、素敵なことだし、嬉しいことだと感じます。お口の健康は全身の健康にもつながっています。介護施設で過ごされている方のお口の健康を守るために、お手伝いができたらいいなと思います。

キラキラ奮闘記

これを読んでくれた近隣の介護施設の方も。今後ご希望がありましたら、どうぞ一声かけて下さい。お待ちしています。

私がまるめDCに入って(高橋)

私がまるめDCに入って、4ヶ月が経ちました。歯科医院で働いた事も無ければ、医療に関わってきた事もなく、3児の母でもあり、もうあまり若いとは言えない年齢の私がまるめDCのお仕事に興味を持ったきっかけは、このホームページでした。

キラキラ奮闘記

初めは、ひとりの患者さんとして先生やスタッフの皆さんが患者さんに寄り添って、「患者さんに喜ばれる治療」「患者さんにありがとうと言われる治療」を目指しておられるのを素敵だな、すごいなぁと思って見ていました。
そして時折ホームページを見るようになり、先生をはじめ働くお母さんな先輩達が常に色々な事を学び、患者さんに信頼される医療を目指して挑戦されている事を知り、私でもまだ新しい世界へ挑戦できるんじゃないか?挑戦してみたい!と思うようになり、まるめDCへやってきました。

未経験な私にとって、4ヶ月経ったくらいではまだまだ初めてと予想外の連続です。一言で歯科治療と言っても、虫歯治療から入れ歯に矯正…本当に多岐にわたります。今まで知らなかった事を知っていくのは、大変ですがとてもやりがいがあります。毎日、先生や先輩達に何度も教わったり、アドバイスをしてもらったり、奮闘中の日々です。

キラキラ奮闘記

大変で苦しくなってしまったり、悩んだりしたりする事もありますがまるめDCのみんなが支えてくれて、大丈夫だよと言ってくれるそんな環境にいられて本当に有難くて、嬉しいです。
私がまるめDCで働けて有難いなと思うのと同じくらい、まるめDCにあなたがいてくれて有難いと思ってもらえるようにそしてたくさんの患者さんから「ありがとう」と言ってもらえるように子ども達に歯科医院で働くのは素敵な事だよ、新しい事へ挑戦するのは素晴らしい事だよと頑張る母の背中で伝えていけるように一生懸命頑張っていきたいと思います。

院内発表会を行いました

先日、姉妹店のニコラと合同で院内発表会を行いました。
まるめデンタルクリニックでは、より良い医療を提供できるように、
皆んなで協力し合い、新しい学びを続けながら、日々の診療に努めています。

キラキラ奮闘記

今回は『矯正』という大きなテーマの元、一人一人発表の内容に合わせて
コツコツと資料を集めたり、何人かはパワーポイントでのスライド作りに初挑戦したり、この日を迎えました。

まるめデンタルクリニックの矯正の入り口は、『矯正相談』です。
矯正相談の発表は、実際に患者さまに話しかけるようなデモンストレーション形態で、専門知識の無い方でもわかりやすくまとめられていました。

そして、実際に矯正治療が始まる前に、患者さまに説明しお渡しするために様々な書類が登場してきます。
どんな目的でその内容がかかれているのか、どんな内容が書かれているのか、細部まで勉強になる発表内容でした。

いよいよ矯正が始まっていくと、どんな装置を使って治療をしていくのか、どんな所に注意しながらチェックをしているのかという内容を私は発表させてもらいました。
アウトプットするために、資料をまとめていると自然と頭の中も整理され、準備期間は大変でしたがすごく実のある発表ができたと思います。
しかもこの発表の後、起こりえるトラブルにはどのように対応していくのかという内容の発表で、点と点が繋がるように内容が理解しやすく、楽しかったです。

また新しい矯正『インビザライン』についての発表では、既存の矯正とはどう違うのか、どんなメリットやデメリットがあるのか詳しく知ることができました。
新しい矯正が患者さまの笑顔に繋がるよう、学んだ事を一つ一つ活かしていきたいです。

キラキラ奮闘記

姉妹店のニコラからも、まるめデンタルクリニックの矯正の強みや、先日行われたMFTセミナーで学んだ内容を活かした発表を聞く事ができました。

こうやって皆んなで発表し合ったり、学び合ったりできる環境があるって素晴らしいですね。
今回の発表会で得た事を、日々の診療に活かしていきたいです。

キラキラ奮闘記 後輩から先輩へインタビュー(碓井&矢島)

矢島さんはいつ頃から管理職になりたかったのですか?

碓井さん
矢島さん

碓井さんがここに初めて来てくれた時は私が管理職になったあとだったし 碓井さんは歯科医院に勤めるのは 初めてだったので歯科医院には管理職がいるのが当たり前のように思っているかもしれないけれど私が以前働いていた歯科医院ではスタッフの人数は少なく“管理職”という仕事はありませんでした。まるめデンタルクリニックにも私が来た時には 管理職はなかったです。
でも先生が“みんなが働きやすい環境作りをしたい!!”ってずっと言ってたんです。そして新しいスタッフが面接に来るとき先生がいつもその面接に来てくれた人に「矢島さんって楽しそうに仕事するでしょ⁈私はまるめデンタルクリニックが好きで生き生き働くスタッフと長く働きたいと思ってる」と声をかけていました。私にもそんな風に言ってくれて嬉しく思っていました。自分が働く姿が人を喜ばせているという感動したのを覚えています。
その頃から 先生に「人が人を 結び付けて みんなで一つになって 私もまるめデンタルクリニックで働きたい!!と思ってもらえるような職場作りをする仕事があるんだよね!誰かやってくれないかな?」と組織作りの話を先生とする機会が増えていきました。その中で管理職という仕事があることや先生と理想の組織について考えていきました。

インタビュー
矢島さん

歯科医師が複数居てこの地域で歯でお困りの患者さんを一人でも多く助けること
この地域で地元に愛される歯科医院であり続けること
このクリニックに勤めたい!!という歯科衛生士や歯科アシスタントが後を絶たない職場作り
そして志が同じスタッフと手を取り合ってこのクリニックを後世に残していくこと

そのために必要なことは…
いつまでにする?

そんなことを話しながら管理職という仕事を始めさせてもらうことになりました。

インタビュー
矢島さん

大きな目標の前にまず私がしないといけないこと…
今いるスタッフの強みを生かし 個人の力に頼らない組織作りです。
志が同じスタッフがたくさん集まれば 
全職種のスタッフが有休の完全消化
出来る人が仕事を抱え込まない職場
自分のライフステージに合わせた働き方の変更があっても長く働ける環境の職場が作れる!!
そんな日々を実現するために 私ができることはやろう!!と思いました。 仕事を任せてもらえることは 私を認めてくれているということ。
こんなにわかりやすく人から評価されている!それを自分がやれる!と信じないわけにはいかない!
私が私を信じて頑張ることに決めました。
けれど うまくいかないことの方が多いです。くじけそうなときもあります。
でもそんな時 碓井さんが入社してくれて 育ってきてくれて また新しい仲間があれから2人も増え
また育ってくれて私はまた頑張ろうと思えます。
碓井さんがこんな質問をしてくれて 私の仕事に興味を持ってくれたことがすごく嬉しいです。
人に喜ばれる仕事は自分の心を満たすには十分すぎるほど効果絶大です!!

この頃 いつか私の次の管理職がでてこの仕事を継承する夢が新たに加わりました!!
まだまだ 志半ば…みんなで一緒にステキな歯科医院作りをしていきたいです

インタビュー

キラキラ奮闘記 後輩から先輩へインタビュー / 太下&山口

山口さんは、私の衛生士業務の指導担当してくれていて、私も山口さんからたくさん教わってきましたが、教える時に心掛けていることはありますか?

太下さん
山口さん

まずは実際に患者さんの立場に立って考えられるように、それぞれ患者さんになって体験し、良かったこと・こうしたらもっと良くなることを伝えています。他にも、質問を受けたら学びの時間をとり、できないことは繰り返し練習し、できるようになるまでサポートするようにしています。

そうですね。私も、山口さんの患者さんとして体験させてもらった時は、自分とのやり方の違いや、こういう時はこうすればいいんだ!という発見があり、それだけでもすごく勉強になりました。

最初の頃は、診療後、私が箇条書きにしてきた分からないことについて一つ一つ根気強く教えてくれましたよね。

患者様への説明の仕方も、山口さんが患者様役になって練習させてもらい、協調するポイントや表現の仕方などを教わりました。タイマーをかけて時間配分を考えながら、実際の診療ですぐに活かせるようにシミュレーションをさせてもらったりしました。
技術面でも、私が困った時はすぐにサポートしてくれる体制をとってくれて、心強かったです。

太下さん
インタビュー

山口さんがまるめDCの学びの体制でいいなと思うところはどこですか?

太下さん
山口さん

学びの内容にもよりますが、必要な時は診療時間を調整して時間を確保してくれたり、全体の協力が必要な時はしっかりプランを共有し、みんなで協力体制を作ってくれるところです。

学びたい!やりたい!気持ちを応援・協力してくれるので、朝の診療前に学べたり、セミナーに参加することもできます。

糖尿病療養指導士のセミナーも、診療を半日お休みさせていただいて参加させていただきました。そのおかげで、無事、認定更新ができました。

私も、矯正のセミナーに参加させていただいたり、山口さんからは電動歯ブラシや歯磨剤についてのセミナーに誘ってもらって参加させていただいたこともありましたね。

太下さん
インタビュー

ベテランな山口さんですが、今でもいろんなことを学び続けておられてすごいなと思います。山口さん自身は、どんなふうに新しいことに取り組んでいますか?

太下さん
山口さん

新しいことに取り組む時は、まずはやってみる、挑戦してみる、できなければ何度も繰り返しやることを心掛けています。失敗をして学ぶことができるので、失敗を恐れずに常にチャレンジする気持ちを忘れないようにしています。

山口さんは私にも、失敗を恐れていたら何も前に進まない、まずはやってみてできなければできるようになるまで練習したらいいと言ってくれましたよね。

山口さんの言われるように、チャレンジすることを忘れず、一段一段階段を上っていけるようにがんばりますので、これからもよろしくお願いします。

太下さん

衛生士 太下の「インビザライン」を学ぶ!

私たちまるめデンタルクリニックは、「インビザライン」という矯正治療を新しく始めました。
「矯正治療」と聞くと思い浮かべるのは、歯の表面に金属の小さな装置を取り付けて行うワイヤー矯正ではないでしょうか。
ワイヤー矯正は、取り外しの手間がなく確実に治療が進む利点があります。
また、当院でワイヤー矯正をしている子供たちは、カラーゴムで自分の好きな色を選んでカラフルにしている子が多く、矯正期間中の楽しみにしてくれています。
でもやっぱり、できるだけ目立ちたくないという方もいらっしゃいます。
インビザラインは、透明のアライナーで、目立たずしかも取り外しができる矯正治療です。
「歯並びは整えたいけれど、矯正治療が目立つのはイヤ…」と治療をためらっている方におすすめの治療です。

キラキラ奮闘記

まるめデンタルクリニックでは、そんなインビザラインの技術の習得にみんなで取り組んでいます。例えば、これまでの矯正治療は、検査をするにも装置をつくるにも必ず型取りが必要でした。型取りは苦手な人が多いですよね。でも、インビザラインではその型取りが必要ありません。
デジタルスキャナーで歯をスキャンするだけで歯型の記録を取ることができるのです。
そのスキャナーの操作や実際のスキャンの方法を学び、みんなでお互いの口をスキャンし合って練習しました。このスキャンがなかなか難しいのですが、みんなコツがつかめるようになり、最初のうちは1回のスキャンにすごく時間がかかっていたのが短い時間でできるようになりました。
これで患者様にお口を開けてもらう時間にかかる負担を軽減することができるようになりました!

キラキラ奮闘記

そして、患者様により安心して治療を受けてもらえるように、自分が治療を受ける側になって気付いたことや感じたことを出し合ったり、実際にアライナーを装着したスタッフにどんな感じがするのかを教えてもらって、患者様にアドバイスをする時の参考にしました。
そして、全員で意見を出し合いながらスムーズな治療の流れややり方を考えていきました。

キラキラ奮闘記

インビザラインは、アライナーの取り外しができるので、今まで通りしっかり歯磨きをすること ができ、むし歯になるリスクが少ないですし、1回の治療時間も短く、アライナーの交換さえしっかり行っていただければ、ほとんどトラブルがないのも魅力の一つです。
金属アレルギーの方でもできますし、MRI検査など金属を外さないといけない時でも全く影響ありません。
また、矯正治療は何歳になってもできますが、現実的に避けたい時期があったり、タイミングをしてしまって、この歳で矯正なんて…ということも多いと思います。でもインビザラインなら人に気付かれずに治療することができるので、就活や卒業式、結婚式など、矯正をしていることを知られたくない時期でも、成人式など一生残る大事な記念撮影の時でも、そして何歳になっても恥じらうことなくできる、すごく素敵な治療だと思います。

キラキラ奮闘記

この「インビザライン」を導入することによって、「これなら矯正してみたい!」「これなら私にもできる!」と思っていただける患者様が増えれば、今よりももっとたくさんの患者様によろこんでもらえると思いますし、素敵な歯並びになった患者様の笑顔が見られると思うとすごく楽しみです。
患者様が笑顔になれるお手伝いができるこのお仕事ができて幸せだなぁと改めて感じました。

キラキラ奮闘記

キラキラ奮闘記 藤原さん&碓井さん

碓井さん

藤原さんは入って10カ月くらい経ちますが、歯科助手として先生のアシスタントにつき、毎日どんな風に学んでいますか?

学びの時間は診療中に私と先生とのやり取りの中で私が理解していないと先生が感じられた時に『理解していない!』と指摘を受け、その後ですぐに矢島さんから教わる時間を作ってもらう事が最近では多いです。

〝すぐに〟というのが、そのときの状況や内容を覚えているうちに学べるので頭に入りやすいです。

藤原さん
碓井さんが藤原さんにインタビュー
碓井さん

理解不足や知識の部分は、分からないときにその都度教えてもらえる、ということですね。患者さまへの対応はどうですか?

患者さまへの対応は、実際に管理職矢島さんが患者さまに対応しているところに付いて学び、次に自分が対応するのを見てもらいます。その次は対応した後の最終確認をしてもらうというように、段階を踏んで教えてもらっています。

自分が対応しているときに不足やうまく説明できないときはフォローしてくれます。

藤原さん
碓井さん

少しずつ学び、自分のものにできるんですね。いつでもフォローしてもらえると思うと、がんばろうと思えますね 対応するときに大変なのはどんなことですか?

いつも同じように機械的にしてしまうと、患者さんに合わせた対応ができなくなり、動きや時間にも無駄ができてしまいます。臨機応変に、という部分が先生の考え同じになるよう文章にして書くことをしています。

藤原さん
碓井さんが藤原さんにインタビュー
碓井さん

書いていつでも確認できるようにして覚えるんですね。
学ぶときに困った事はありますか

最初のころは間違いを何日か経って指摘されることが多く、状況や内容を思い出せず理解しにくいことがありました。初めは学ぶことが多いので、少しずつ伝えようという気遣いからだと思います。時間とともに、落ち着きましたし、そのときわからなくても何度でも教えてくれます。

藤原さん
碓井さん

教えてもらう時に、いいなと思うことはどんなことですか?

いつもは話を聞きながらメモを取ります。でもメモに集中して、話が頭に入りにくかったり、書ききれなかったりして、後から読んでもわからないことがあります。

今は管理職矢島さんに説明してもらいながら、紙に書いてもらい、それを見ながら聞いて、教えてもらうので、言葉と目から知識が入ってくるので、よく伝わりわかりやすいです。

藤原さん
碓井さん

藤原さんに伝わるように工夫してくれるんですね。学ぶ意欲がアップしますね。

碓井さんが藤原さんにインタビュー

碓井さんは未経験で入られたと聞いていますが、最初はどうでしたか?

藤原さん
碓井さん

歯科どころか、医療関係の仕事自体が初めてだったのでわからないことばかりでした。未経験だったので、最初のころは1日にきっちり学びの時間をつくってくれて、基礎を教えてもらいました。座学と実践とを並行して学んでいました。

学びの時間としては、少しずつ減っていきますが、わからないことはその時々に教えてもらっています

初めから受付だったんですか?

藤原さん
碓井さん

初めは受付とアシスタントと時間を区切って半々でした。今は主に受付を任されていますが、最初に教えてもらったアシスタントで学んだことは受付でも必要なので、そこを教えてもらったから今みたいな受付ができています。

そうですよね。わたしも受付の会計は教えてもらったのでできますが、予約を取るのは治療のことがわかっていないとできないと思います。

藤原さん
碓井さん

そうなんです、今日受けた治療の注意点や次はどんな治療か、あと何回で終わるのか、と聞かれることもありますからね。わからないときはもちろん、確認に行くんですけど。

碓井さんが藤原さんにインタビュー

アシスタントと受付がフォローし合えるのはいいですよね。碓井さんは入って1年以上経っていますが、今はどんな風に教えてもらっていますか?

藤原さん
碓井さん

一通り受付としての業務は一人でできているので、今は、分からないことがあれば、その時に聞きに行って教えてもらうことが多いです。自分から言えば、教える側もわかってないことがわかるので、必ず教えてくれます。新しい仕事をするときは時間をとってしっかり教えてくれますし、そのときの状況や指導内容によって、学びの時間もやり方も色々です。その人に合った学びを考えてくれていると思います。

藤原さんに教えてもらうこともこれから増えそうです。受付のことはわたし教えられるので、お互い学び合っていきましょう。

一人ひとりみんな違いますからね。学びもそれに合わせてくれていますね お互いに教え合えるの、いいですね。

藤原さん
碓井さん

新しいスタッフが入ってきたら私たちも、今してもらっているように教えたいですね。

碓井さん

新しいスタッフを迎えるのが楽しみですね。

成長を望み、しっかりお給料がほしい!!
と思っておられる仲間募集中!

わたしは1年前、まるめデンタルクリニックに正社員として入りました。
それまでに、正社員経験が全くなかった訳ではないのですが、以前正社員で働いた職場にはなかったまるめでの初体験…それはボーナスをしっかり頂いたことです。

しかも働き始めて半年で支給して頂きました。今までなかったことだったので、戸惑い驚き、そしてとても嬉しかったです。
わたしは働いたら働いた分だけお給料がほしい!、労働時間とお給料が見合ってない!と思っていた時期がありました。

正社員であってもボーナスがない職場だってあります。お給料やボーナスが全てではないですが、自分の働きが評価され、肯定されているようで嬉しいです。

2年目に入った今、責任や役割など、変化してきていますが、先生や管理職の矢島さんが自分の仕事を見てくれていると感じます。変化の中で成長し続けたいし、それができる職場で働けていることを忘れず、感謝の気持ちを持って邁進します。

もし私のように成長を望み、しっかり給料がほしい!!と思っておられる方、変わりたい!!と思っておられる方はまるめデンタルクリニックで一緒に働きませんか?

未経験でも大丈夫!!私も0からスタートしました。
サポートします!仲間募集中!

キラキラ奮闘記

お口の中の健康を守る歯科衛生士のお仕事

先月、近隣の高校の進路指導部へ行ってきました。
まるめデンタルクリニックを始め、歯科医院の仕事がどういうものなのか、また衛生士の仕事についても、時間をいただきお話をさせてもらってきました。他のスタッフもそれぞれ担当の学校へ訪問させていただきました。わたしは矢島さんと一緒に宮津高等学校へお邪魔してきました。

歯科医院の仕事やお給料などを知ってもらい、衛生士を目指す高校生がひとりでも増えればいいなという思いで、進路指導部の先生とお会いしましたが、衛生士の仕事の認知が低いことをひしひしと実感しました。

わたしは他業種からまるめデンタルクリニックに転職し、それまで歯科衛生士の仕事がどういうものなのかはっきりとは知りませんでした。高校生のときに衛生士という仕事があることも、友人が衛生士になるというのを聞いたこともありませんでした。
歯科に通院していれば、どんな仕事なのかぼんやりとイメージはできると思いますが、進路を選択するときに歯科衛生士がどんなものか知るツールは少なく、憧れの職業などに上がってくることもないです。
医療系といえば看護師へ!と、テレビやドラマでもよく見かけ、イメージが湧きやすい方へ進路を決めるのは、ごく自然な事かとも思います。
でも、歯は体の一部で、ずっと長く使うために、お口の中の健康を守る仕事、看護師以外にも健康をお手伝いするお仕事はあります。

進路を考えるときに、お口の中の健康を守るお仕事、歯科衛生士の仕事を一人でも多くの高校生に知ってもらい、医療系に進みたいと思う子たちの選択肢の中に歯科衛生士の仕事が候補として入るようになればいいなと思います。
毎年、訪問させて下さいと伝えて、宮津高校を後にしました。来年も再来年も、足を運びたいです。

この日の午後は、インビザラインの導入にあたり、新しい機械の学習会でした。
使用方法や実際に使用し、スタッフ間でお口の中をスキャンし合いました。よい学び1日となりました。

歯科業界はまだまだ発展します。新しい時代には新しい担い手が必要です。インビザラインもドクターだけが行う矯正治療ではなく、衛生士が広く活躍できる分野です。
従来の床矯正には型どりが必ず必要です。でもこの型どりって苦手な人多いですよね..。このインビザラインは型どりしなくても装置が出来る、患者さんにとってとても素晴らしいものです。
亀岡以北では、当院が始めて導入と思います。矯正治療の幅を広げて、より多くの患者さんが笑顔になれるお手伝いをさせて頂きたいと思います。

キラキラ奮闘記

子育て中 藤原さんの奮闘記

私は以前 別の歯科医院で働いていましたが 出産を機に 退職し育児に専念していました。2人の子供と慌ただしい日々を過ごし 気づけば5年…

そろそろ働かなければ!!と思い 以前 一緒に働いていた先輩を頼り 相談したところ
“子育てと両立できるように働きやすい時間帯でいいから“とまるめデンタルクリニックに快く受け入れてくださいました。

まるめデンタルクリニックに入って 半年 久しぶりに働く感覚やスピード感に戸惑い
悪戦苦闘の日々ですが 丁寧な指導・学びの機会を与えていただき 少しずつですが 成長出来ていることに喜びを感じています。
子供も今の生活に慣れてきて 仕事に行くことを応援してくれています。
しかしまだ 小さな子供たちはすぐに体調を崩してしまいます。

そんな時も「ここは働くお母さんが多い職場でこういうときにみんなが休みを取りやすいようにと考えて雇用しているんですよ」「今は与えてもらうことが多くて申し訳ないと思うかもしれないけれど そんな風に思わなくていいよ。いずれ環境は変わったときに あなたが与える側になればいいのだから」と言ってサポートしていただき とても有難かったです。
そんな先生の考えに共感して働くスタッフの一員になれたことを嬉しく思いますし まるめデンタルクリニックが大切にしている患者さまを私も大切に想い接していきたいと思います。

藤原 朋美

藤原朋美さん

管理職 矢島さんの「私にとって嬉しい出来事」

私は まるめデンタルクリニックで勤務する前は 別の歯科医院で6年ほど勤務していました

辞めたのは子供を授かったのが理由なのですが 歯科で働くということの素晴らしさを教えてくれた歯科医院でした。

歯科助手という仕事は 年齢に限らず未経験で応募されることも多いです。

私が 前歯科医院を退職することが決まって 募集をかけた時に 一人の女性が未経験で応募されました。

もう随分 前だったのと その頃は 前医院の院長と奥様が面接をされたので私は決まってから報告を受けました。

その医院は 私が辞めるとその新人さん一人だけでした…。

私は妊娠していて辞めるタイムリミットも迫っている…。

なるべくたくさんのことを教えておかないと…と私は 焦っていたと思います。

指導者として先輩として とてもいいとは言えないです。

それでも彼女は必死に ついてきて 半年後 私は退職しました。

子供が生まれたことを報告すると 病室まで会いに来てくれました。

決していい先輩ではなかった私のために たった半年そこそこの付き合いで 来てくれたことがすごく嬉しかったのを覚えています。

その後も 私もまるめデンタルクリニックで仕事復帰し 彼女はそのまま 歯科医院で頑張り続け お互いに会って話す機会はなかったものの たまに連絡をとり 近況を報告しあったりしていました。

そうこうしているうちに 何年か経ち 彼女は仕事を辞めるという連絡がありました。

結婚と妊娠が理由でしたが その時 彼女が私に「歴代1位の勤務年数になりました!!」と言いました。

えーーーっっ!!気付けばそんなに長く勤務してたんだ!!と驚きました。

たった6ヶ月しか先輩がいなくて 一人で勤務する時期もあったのに よく頑張ったんだなぁと 感動に似た感情が湧きました。

その後も子育てで仕事を離れた彼女と 連絡を取り合っていましたが あれから5年…仕事復帰したい!

まるめデンタルクリニックで働きたい!!と連絡をくれたんです!!!

ものすごく嬉しかった!!

とても至らない先輩だった私とまた一緒に働きたいと思ってくれたこと…

歯医者の仕事にまた就きたいと思うほどに好きになってくれたことが!!

そして まるめデンタルクリニックで働いてもうすぐ半年…

日々 一生懸命 働く姿を見ているとあの頃と同じでまじめに 真っ直ぐ頑張っています。

そんな彼女を私は 何年も一緒に働いていたような錯覚に陥るほど 信頼しているし大切に思っています。

私の管理職としての日々の仕事の支えともなっている存在です。

藤原朋美さん

来月は そんな 藤原朋美さんの奮闘記を掲載したいと思います!!

管理職 矢島 利映

新人 碓井さんの奮闘記(インタビュー)

アイコン:インタビュアー

この1ヶ月で仕事をしていて楽しかったことはなんですか?

とび抜けて「これが楽しい!」と思うことはありません。毎日「楽しい」が転がっていて、それを拾って集めている感じです。そういう小さい「楽しい」がこれから大きい「楽しい」につながっていくのかなと思います。

アイコン:碓井
先輩と一緒に待合室に置くプミラを植える
アイコン:インタビュアー

この1ヶ月で先輩のすごいなと感じたことはどんなことですか?

みなさん長く働かれているので、よく患者様のことを知っておられるところです。 それによって、その患者様に一番いい治療が何か伝えることができると思いますし、 予約や急患の方が来られた時もしっかり診療を進められると思います。

アイコン:碓井
アイコン:インタビュアー

今楽しいことや楽しみにしていることはなんですか?

新しいまるめデンタルクリニックに移ることです!

アイコン:碓井
新しいまるめデンタルクリニック
アイコン:インタビュアー

患者さんとのやり取りの中で、印象深い事はありましたか

以前働いていた職場で知り合った方が覚えていて 声をかけてくれることです。中には8年前くらいにまだ子供だった子が大学生になっていて、向こうから話しかけてくれてとても嬉しかったです。

アイコン:碓井
がんばる碓井
アイコン:インタビュアー

今どんなことに気を付けて仕事をしていますか?

受付をさせてもらっているので、とにかく落ち着いて働くことです。焦らず落ち着いて、電話や受付の対応を行うことを心がけています。

アイコン:碓井
アイコン:インタビュアー

プライベートでの楽しみは何ですか?

姪っ子甥っ子と遊ぶこと。家族がみんな揃って集まること。友達と会うこと。

アイコン:碓井
アイコン:インタビュアー

まるめDCの碓井さんが感じる、「実は○○なこと」を教えてください!

歯医者さんなんだけど、実はみんなチョコが好きだなと思います。お昼休憩後、お菓子タイムがありますが、チョコ率高いです。もちろんその後は歯みがきします!

アイコン:碓井
実はチョコレートが好き
花飾り
まるめデンタルクリニック 外観

今すぐお電話ください

今すぐお電話ください

0772-46-0245

まるめデンタルクリニック

〒629-2261 京都府与謝郡与謝野町男山291
9:00-12:30/14:00-17:30
(受付時間)

   

※土曜日は8:00~12:30/14:00~16:30
(受付時間)
※月曜、日曜、祝日は休診日

花飾り

INFORMATION

二コラ
エントリー
お問い合わせ
ページトップへ